東京 福岡 飛行機 新幹線 往復割引

東京〜福岡は飛行機・新幹線とも往復割引になる

東京〜福岡は飛行機でも新幹線でも往復することができます。
所要時間は飛行機が約3時間、新幹線が5時間と飛行機の方が早いですが、料金はそれぞれ安くなる方法が違うため、安くする手段には違いがあります。

 

飛行機・新幹線ともツアーを利用すると料金は格安になりますが、ツアーが利用できない場合には、それぞれ他の方法を利用しなければなりません。
特に、当日や前日に飛行機のチケットを購入しようとすると、料金は安くないため、何らかの方法で少しでも料金を下げたいものです。

 

そんな時に利用できる手段の一つが往復割引。
ここでは、東京〜福岡間で利用できる飛行機・新幹線の往復割引についてご紹介します。

 

飛行機の往復割引

東京〜福岡を飛行機で移動する時、利用する区間は基本的には羽田〜福岡。
この区間で就航しているのは、JAL・ANA・スカイマーク。

 

この内、スカイマークには往復割引はありませんが、JAL・ANAには往復割引運賃があります。
東京〜福岡の大人普通運賃が41,100円のところ、往復割引運賃は37,300円。

 

利用できない期間もありますが、普通運賃よりは安く移動することができます。
飛行機の割引といえば「早割」が一般的ですが、この早割の購入に間に合わない場合には、往復割引を有効に活用すれば、普通運賃より往復で7,600円安くなります。
往復割引は往復分のチケットさえ同時に購入すれば、当日でも購入でき、変更することもできますので、「早特きっぷ」の購入に間に合わない時は、格安航空券など他のチケットの料金とも比較して購入するといいでしょう。

 

新幹線の往復割引

新幹線の往復割引は、片道601キロ以上の区間を往復する時に、往復分の切符を同時に購入すると運賃が1割引になります。
東京〜福岡間で利用すると、指定席普通料金22,950円のところ、往復割引を利用すると片道21,560円になり、往復で2,780円お得です。

 

東京〜福岡間でも、新幹線ツアーを利用した方が安いですが、予約期限に間に合わない場合には往復割引も有効です。
新幹線の往復割引切符も飛行機同様に、当日での購入も可能で、一年中利用することができるため、年末年始やお盆などの期間中の利用にも有効です。

 

さらに、この往復割引切符は、途中下車や途中乗車も可能。
新幹線に乗る場合は、別途特急券の購入が必要ですが、途中下車する必要がある時、乗車当日に新幹線の切符を購入する場合には有効です。

 

 

このように、東京〜福岡間では、飛行機・新幹線とも往復割引を利用することができます。
早めにチケットが購入できない場合には、少しですが料金が安くなるので知っておきたい方法です。